ペイントホームズ
静岡店

コーキング 2種類「増し打ち」「打ち替え」の施工方法

外壁塗装において必要なコーキングについてお話しようと思います。外壁の種類によっては必要ない場合もありますが、ほとんどの外壁にコーキングは使用されています。

では、コーキング(シーリング)とはどんなものかご存じですか?

簡単に言うと、外壁と外壁を繋ぐものになります。また、ひび割れ補修にも使われます。外壁と外壁の隙間や窓サッシの間にコーキングを使用することで、雨水の侵入やひび割れ防止に繋がるため必要な工事です。

コーキングには、2種類の施工方法があります。

1つ目は、「増し打ち工法」です。これは、既存のコーキング剤の上から新しいコーキング剤を充填していく工法になります。特にサッシ部分など既存のコーキング剤が綺麗に剥がれにくい場所に使用される場合が多いです。

2つ目は、「打ち替え工法」です。これは、既存のコーキング剤をカッターなどで綺麗に剥がして、新しいコーキング剤を充填する工法になります。費用は「増し打ち工法」より高くなってしまいますが、劣化が激しい場合はこの工法がおすすめです。

外壁塗装をするときは、コーキング工事も一緒にすると費用も全体的に抑えられますし、2度手間にならずに済みます。一度、ご自宅のコーキング部分を見てみるといいかもしれません。