ペイントホームズ
静岡店

下地処理の重要性についてお話します。

外壁塗装、屋根塗装をするとき、ただ塗装をするだけだと思っていませんか?

もちろん1番の目的は「塗装」です。しかし、塗装をするだけでは、すぐに剥がれや色褪せといった劣化症状が発生してしまいます。そこで重要になってくるものが「下地処理」です。

下地処理とはどういったものなのでしょうか?

簡単に言うと、上塗りとなる塗料と外壁材の密着性を高める効果があります。

下地処理には、「高圧洗浄」や「クラック補修」、「ケレン作業」があります。

「高圧洗浄」の1番のポイントは、表面に付着した汚れやコケなどの除去です。強力な水圧でしっかり洗い流します。

次に、「クラック補修」です。これは、外壁にできたひび割れをコーキング剤などで埋めていく作業です。この作業を怠ると、雨漏りの原因になってしまいます。

最後に「ケレン作業」です。主に表面のサビや古くなった塗膜を削り落とす作業になります。他にも、表面にあえて小さな傷を付けて、塗料との密着性を高める効果もあります。

塗装工事において、1番重要な「下地処理」。

失敗しない塗装工事をするためにしっかり「下地処理」を行うようにしましょう。