ペイントホームズ
静岡店

雨漏りの危険性と原因:隙間からの雨水侵入とその影響

雨漏りの原因は、隙間から入った雨です。放っておくとどんどん広がっていき、天井や壁に大きなシミを作ります。

この隙間は、紫外線や雨風に晒されたことによって劣化してできる隙間です。小さな隙間から少しずつ雨水が入り込み、雨漏りの原因になります。

雨漏りは「外壁のひび割れ」「防水層の劣化」「塗装の剥がれ」「瓦のズレ」によって起こります。

「外壁のひび割れ」

深いひび割れの場合、シーリング剤でひび割れを埋めて塗装します。ひび割れした上から塗装しても割れている状態なので、水の侵入を防ぐことはできません。

「防水層の劣化」

ベランダやバルコニーには防水層があります。これは、紫外線や雨の影響を長い間受けてしまうと、防水層が劣化しまい、剥がれや浮きが発生します。

「塗装の剥がれ」

屋根や外壁を守っている塗膜が剥がれてしまうと、そこから水が侵入してしまい、雨漏りの原因になります。

「瓦のズレ」

瓦は基本塗装が必要ない素材ですが、劣化をしないわけではありません。雨や強風などで少しずつ瓦のズレが発生してしまいます。そのズレた隙間から水が侵入してしまいます。

一度ご自宅の雨漏りチェックをしてみてください。ペイントホームズでは、劣化診断も無料でお出ししているので、屋根など見えづらい箇所など何かあれば、お気軽にご連絡ください。