ペイントホームズ
静岡店

雨樋の劣化を放っておくとどうなるの?

 

雨樋の役割はご存じですか?雨樋とは、屋根や外壁に付属しているもので、雨を集め、下水に流してくれます。では、重要な雨樋の劣化症状にはどんなものがあるのでしょうか?

 

  • ゴミなどの詰まり

雨樋は水のみならず、落ち葉やゴミなども一緒に流してしまいます。水と違い、詰まりやすい落ち葉やゴミは定期的に除去しなければ、排水がうまくいかず、詰まりの原因になります。また、土が雨樋に溜まって、そこから草やコケが生えるケースも少なくありません。

  • 破損・欠落

雨樋が破損や欠落していた場合、その隙間から水が流れてしまい、本来の順路を通れなくなってしまいます。その場合は、交換が必要です。

  • チョーキング現象

外壁同様、雨樋も劣化すると紫外線の影響でチョーキング現象を起こします。そのため紫外線に強い塗料で塗装することをおすすめします。

  • 金具の劣化

雨樋を繋ぎ合わせているネジは金属でできていることがあります。雨などでサビが発生すると、ネジが劣化し、ズレが発生します。もし、サビがでていたら交換を行いましょう。

 

雨樋は劣化すると、このような問題がたくさん出てきます。雨樋の性能をしっかり発揮させるために定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。