ペイントホームズ
静岡店

外壁劣化サイン

本日は外壁・屋根の塗替えの目安となる劣化症状をお伝えしようと思います。

築年数が10年を超えると少しずつ劣化が見え始めます。その劣化がどのようなものなのかご存じですか?

●ひび割れ

髪の毛のような細いひび割れをヘアクラック、それ以上の深いひび割れを構造クラックと言います。ひび割れは上から塗装するだけでは補修できないため、しっかりとした下地処理が必要です。放っておくと雨漏りの原因になります。

●チョーキング現象

外壁や屋根の表面に触れた時に白いチョークのような粉が付着することをチョーキング現象と言います。塗料に含まれる顔料が長年紫外線のダメージを受けたことにより劣化したことが原因です。塗料の防水機能や保護機能が低下しているサインです。

●剥がれ・浮き

塗膜の密着性が低下し、ボロボロと剥がれ落ちる現象のことを言います。剥がれや浮きの部分を綺麗に落とさないと塗装後すぐに塗膜の剥がれが発生する可能性があるため下地処理を十分に行うことが大切です。

●シーリングの劣化

紫外線や雨風の影響で外壁と外壁を埋めるシーリングというものが劣化してしまいます。シーリングは雨水の侵入を防ぐ大事な役割を持っているため打ち替え工法や増し打ち工法での補修が必要です。

主に塗替えサインは上記の4つになります。他にもサビやカビの発生、色褪せなどたくさんあります。一度ご自宅の外壁・屋根の劣化症状を見てみるといいでしょう。